RESONANCE ~共鳴 (2017年11月)

トラウマとは意識が過去の出来事にとらわれた状態である。トラウマがある人は現在に生きていながら意識はいつも過去の方ばかり向いていることになる。だが、少し考えてみればわかるように。実際に存在(実在)しているのは、「今」しかない。「過去」も「未来」も実は人の頭に中にだけあるフィクションに過ぎない。つまり、トラウマリリースに必要なこととは、意識を現在にフォーカスするだけのことなのだ。が、しかし、意識を現在にフォーカスし続けることは実は簡単ではない。そのことに初めて人類の中で気がついたのは仏陀であった。人は何かを見た途端に思考が働きだし、好き、嫌い、どちらでもない、のどれかの反応をしてしまうのだ。当然、トラウマは過去の病なので、トラウマがある場合は嫌いなことが多くなり、人生も苦しくなってしまう。
トラウマリリースに必要なことは以下の3つである。
1.現在の事実を事実として受け入れる。ああもできたし、こうもできた、そう人は考え「今」に抵抗する。しかし、実は,この現実こそが、自分の唯一の現実なのだと受け入れる、認める。ということである。心の中で抵抗を止め、いったん受け入れると、事実を認めた事になり、認めるとそれを変えることができる。認めないとそれは存在しないと同じなので永遠に変えるきっかけが生まれないからだ。2.今を楽しむ、味わう。人は何かをしながら思考が別のことを捕まえる。水を飲むときは水を飲むことに意識を向け、自然や花を見たら唯その美しさ味わう。3.常に思考をウォッチングする。自己の意識と思考、感情が一体な状態から、(つまり意識が乗っ取られている状態から)思考や感情を引き離し、常にスペース(空間)を感じるようにする。バッチフラワーに併用して、これらを繰り返すことでトラウマは必ずリリースされる。