• バッチフラワーレメディとは
  • バッチ博士のプロフィール
  • 38種類のバッチフラワーレメディについて
  • ご使用方法

バッチフラワーレメディとは

バッチフラワーレメディは、お花を原料に用いたエッセンスを飲むことにより、ストレスやマイナス感情を和らげる製品です。1936年にイギリスの医師であり、細菌学者、病理学者でもあった、エドワード・バッチ博士により開発されました。
バッチ博士は、さまざまな不調の原因はマイナス感情と関係があることに気付き、そして、長年の研究の結果、人間の持つ感情や性格のパターンを38種類に分類し、それぞれの感情を癒す38種類のお花を苦心の末、次々に発見していきました。
バッチ博士とバッチセンターバッチ博士とバッチセンター
開発から70年以上経った現在、製品は、バッチ博士が開発をした場所である、イギリスのバッチセンター周辺の草花により母液が製造され、150年以上の歴史があるイギリスのネルソン社でボトリングされています。 60カ国以上で年間800万本以上(10mlボトル換算、レスキューシリーズ含)販売されています。日本では約15年前より販売され、現在全国で700店以上のお店で販売されています。
太陽法
バッチ博士のオリジナルであるバッチフラワーレメディには、 バッチ博士のサインと花のロゴがついています。このロゴがついているレメディのみがバッチ博士の時代からの歴史を持つバッチフラワーレメディとして認められ、品質が保証されているものです。
ネルソン社

母液の作りかた「太陽法」「煮沸法」について

バッチフラワーレメディの作用に有効な成分の核となるものは、植物のエネルギーから作られた母液です。
太陽法

「太陽法(Sun Method)」

花が最も美しく咲いているよく晴れた日を選び、ガラスのボールに清流から汲んできた水かミネラルウォーターを入れ、太陽光に当てて花が持っているエネルギー(波動)を転写します。

「太陽法(Sun Method)」で作られるレメディ

アグリモニー、セントーリー、セラトー、チコリー、クレマチス、ゲンチアナ、ゴース、へザー、インパチエンス、ミスラム、オーク、オリーブ、ロックローズ、ロックウォーター、スクレランサス、バーベイン、バイン、ウォーターバイオレット、ホワイトチェストナット、ワイルドオート
太陽法

「煮沸法(Boiling Method)」

鍋に花や葉がついた小枝を入れ、全体がひたるくらいまでミネラルウォーターを入れて煮出します。

「煮沸法(Boiling Method)」で作られるレメディ

アスペン、ビーチ、チェリープラム、チェストナットバッド、クラブアップル、エルム、ホリー、ハニーサックル、ホームビーン、ラーチ、マスタード、パイン、レッドチェストナット、スターオブベツレヘム、スウィートチェストナット、ウォルナット、ワイルドローズ、ウィロウ
抽出する時期、太陽に当てる時間、煮出す時間など、花の種類によってそれぞれ細かく分かれています。 「太陽法」「煮沸法」で抽出された液に保存料としてブランデーまたはグリセリンを加えたものが母液となります。

バッチフラワーレメディは小さなお子様からご高齢の方まで、動物や植物にもご使用いただけます。

「バッチフラワーレメディ」は心や感情のバランスを保つことが身体の健康へも繋がると考えたバッチ博士が発見したシステムです。 お花の持つエネルギーが感情に働きかけ、身体的な症状が現れる前にバランスを取り戻す助けになります。 他の療法と併用することもでき小さなお子様からご高齢の方までご使用いただけます。また、動物や植物にもご使用いただけます。