2005年


文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。著書に「感情のレッスン」(文芸社)がある。

RESONANCE ~共鳴 (2005年12月)

「知っている」ということには様々なレベルがあります。知識として知っているということは通常本を読んで、または誰かの話やTVメディアなどを通じて知っていることがほとんどで、生活の中では、このレベルの知識が結構役に立ちますし、頭がいいとか悪いとか言うのは大体がこのレベルの知識の量によるのです。しかし、誰かに何かを伝えようとする時、本を読んだだけの知識だと聞き手の反応があまり良くないという経験は多くの方が持っているのではないでしょうか?

もちろん、会話の技術というものもありますが、この技術というのは結構曲者で、その場は喜んでくれても、しばらくたつと聞き手になにも残らないという経験は思い当たる人も多いでしょう。では、作品のでき、不出来は何によるのでしょうか?

実際の経験と読書体験は何が違うのでしょうか?それは経験の質によるのです。経験の質とは」、その時々の場面での感情によるのではないでしょうか。もし感情がなかったら、記憶は薄っぺらなものになってしまいます。優れた作品が読者を深く揺り動かすように、感情が記憶の実体であり、また人に伝えたいものなのだなと考えることができます。

魂=本心からの言葉が人により伝わるのは、言葉に感情の波動が乗っているので、ただの言葉以上の何かが相手に伝わるのではないでしょうか。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年11月)

火性の意味は好奇心や子供の自由な心、または本心です。動物や、一般的に9歳以前の自我がまだ出来上がっていない子供は遊びが大好きです。遊ぶことそれ自体が目的です。ところが、小学校も高学年になり、自我が発達してくると、脳の成長に伴い抽象的な概念が理解できるようになってきます。同時に、本音と建前を使い分けられるようになるのです。これはまた、本心や感情を抑圧することが出来るということでもありますので、抑圧の強い人の場合は、火性のポイントは次第に低くなってきます。つまり、本心から遊べない人たちなのです。

逆にここが高い人は、趣味が多く、高い人ほど仕事と趣味が一致してくる人が多くなります。ただ、遊び心が強いとどうしてもわがままになり、自己主張も強くなってきます。また、人に対して攻撃的になってきます。特に、火性の高いのに土性低い人は、自分はOKなのに他者はNOなので、その傾向が強まるのです。

合うレメディは3番のビーチや32番のバイン、熱中しやすい人は反面飽きやすいのですが31番のバーベインなどがお勧めです。自分のマイナス面のポイントさえ理解しておけば、人生を振り返ったときに充実したものになるでしょう。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年10月)

今回は、五行の火性です。火性の意味は、「好奇心」「子供の自由な心」などです。もっとわかりやすく言うと人の「本心」を指しています。五行のグラフにしたときに、ここのポイントはとても大事で、最低でも15点以上必要です。抑圧する自我の性質上、人の行動は、「本音」と、「たてまえ」に分裂していますので、どれぐらい「本音」を表現できているかで、その人生における満足度が決定されてしまうからです。つまり、火性が低いと、我慢することが多くなり、心の病の原因になっていきます。長年、家族や誰かのために我慢してきた人は、本人なりに理由はあるのですが、実際は、それほど感謝されなかったり、報われることがなかったりすると、逆に後悔や恨みっぽい気持ちがでてきます。またすでに多くの時間が経過してしている場合は、ゴースやワイルドローズの状態になってきますので、もしも人から「いい人」などといわれるのは実は要注意なのです。このとき、火性に一番影響を与えているのは、「水剋火」で水性ですので、水性(恐れ、不安)のポイントが高い場合、葛藤と抑圧が強まり、アグリモニーやアスペン、ホワイトチェストナットなども合うでしょう。更に、自我のもうひとつの性質の「時間の感覚」がワイルドローズやゴース、ウイローの感情に影響してきます。 次回は火性が高い場合について。


~ペットとバッチフラワー~

動物にバッチフラワーを選ぶ場合、一番の問題はやはり、「動物の感情をどう判断したらいいか?」ということです。
その場合のヒントとして、飼い主が「その動物をどう思っているか?」というのが大事だという報告があります。

動物は驚くことに、実は飼い主の感情を理解しているので、飼い主が感じている感情のレメディが合うというのです。

例えば、飼っていたウサギの毛で、子供がアレルギーになった場合、人がきたないと感じていればクラブアップルが合うし、家族からそのウサギを遠ざけた場合、ウィローが合うのです。また、精神的なストレスがかかると、動物は人より早く病気になるそうです。ですから、できるだけ動物には愛情のある言葉をかけてやることが大事になってきます。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年9月)

今回は五行の木性についてです。木性の意味は、判断力です。ここのポイントが低いと判断力が弱まって、同じ失敗が多くなってきます。

逆に高すぎると、考え方がマニュアル的で、型にはまりやすく融通性がなくなってきます。この中間がいいわけですが、木性は水性と金性の影響を受けやすく、つまり恐れ不安が強い場合(水性)も、思い込みが強すぎる場合(金性)も、判断力に客観性がなくなってくるということです。木性の性質が最大限に引き出されてくるのは、火性が高く好奇心があって、水性が低めで葛藤がなく、思い込みを排除した状態です。

このときに初めて、自己を含めてありのままに観る視点=智恵にスイッチが入ります。

今回の第四回コンファレンスで岩田明子さんが奇跡的治癒の起こるメカニズムについて話してくださいましたが、それは誰にでも起こるわけではなくて、エゴを捨てた状態になって起こるというようなことを仰っていましたが、これはまさに木性の客観性がプラスに発現した状態なのです。しかし、そのためにはある条件が必要になってきます。それは、だれかに教えてもらうのではなく自分で「はっ」と気づく瞬間が必要です。単なる知識やことばだけではなく、本心から気づいてはじめて人は変わることが出来るからです。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年8月)

五行の水性は、「恐れ、不安」を意味していますので、ここの点が低ければ低いほどいいのです。しかし、希にここのポイントが0点という人がいます。0点だと恐れ不安が無いということになりますので、一見よさそうですが、実は大きな問題があります。それは、恐れや不安の感情は生物にとっては根源的な感情ですので、もしこの感情がなかったら、その種はとっくに絶滅してもはや地上には存在していないことでしょう。

人の場合、水性が極端に低い場合、不注意で早とちりや、だまされやすい性格ということができます。水性は隣にある木性に影響を与えますので、判断力が弱くなり、現実をありのままに見ることが出来なくなってしまうのです。このとき同時に思い込みを意味する金性が高い人はさらにその傾向が強まることになります。

これは五行でいう、いわゆる相生関係で、その運用によって他を生じることを意味します。これに対して相剋関係とは、互いに相反して争うこと、または葛藤することをいいます。このように、五行はそれぞれの柱の意味とは別に、他との関係性で新たに意味が生じてくるのです。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年7月)

今回は五行の性格診断テストの水性についてです。その意味は恐れ、不安です。また周りを気にする気持ちが強い人になりますので、ここのポイントは10点以上(20点が満点)で高いと見ます。つまり、何らかの恐れや不安、または周りを気にして我慢することが多いということです。合うレメディはまず20番のミムラス、2番のアスペンです。

怖れ不安は交感神経に不必要にスイッチを入れてしまうので、アドレナリンが出て白血球の顆粒球が増加すると、大量に活性酸素を放出して炎症やシミなどが増えやすくなります。

特に、アスペンは持続する不安なので、心包と言う経絡の状態が悪くなり汚血が出来やすくなります。また、アスペンは強い抑圧がある場合は、飲用するといろいろな夢を見たり、昔のことを思い出されることが多くなるでしょう。

また、言いたいことがあっても我慢してしまうことが多い人には、5番のセラトーが合ってきます。バッチフラワーの多くは恐れや不安に対応しているものが多いので、またここのポイントが高い人は葛藤しやすい人なので、バッチフラワーが特に有効な人とだということが分かります。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年6月)

前回に陰陽五行の性格テストで金性のポイントの高い人は、交感神経緊張になりやすいことを指摘しました。このタイプは便秘や痔の人が多くなります。ではこのポイントが低い人はどうなのかと言うと、逆に副交感神経優位になりやすくなります。つまり、アトピーやアレルギーになりやすい人が多いのです。そこで、一番合いやすいレメディは、17番のホーンビームです。ホーンビームはまさに副交感神経優位の人にぴったりのレメディで、23番のオリーブとの違いは活力が不足しているというよりも、もともと交感神経にスイッチが入りにくいので、一見活力不足に見えてしますのです。このタイプは、天気の悪い日(低気圧の時)には余計に調子が出ないのですぐにそれと判断できますが、下痢、軟便になりやすいことからも判断が出来ます。

このほかに、金性が低い人に会うレメディとしては、28番のスクレランサスです。このレメディも副交感神経優位の人の特徴に合っていて、体調や気分がくるくる変わるのが特徴です。

ただ、子供の頃からアトピーの人は、20才代後半ぐらいを境に性格が変わってきて、頑固といいますか意固地になって来ることがありますので、優柔不断さと頑固さの両面を持つようになって来るようです

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年5月)

中国の陰陽五行に基づく性格診断テストで見ると、金性が自我と深い関係にあることがわかります。金性の意味は、「頑固」「役割に徹する人」「理想が好き」そして「思い込みが強い人」なのです。

しかし、ご存知のように、人生においては、思っていることが実現しないことの方が多いし、人も思ったとおりに動いてくれないわけですから、ここのポイントの高い人は、思っていることと現実がズレることが多くなり、どうしてもイライラしやすいのです。それには18番のインパチエンスが合ってきます。

ガンのNPO団体「泉の会」の会長の中山武氏は、多くの重症のがん患者を見てきた経験からがんは性格なのだといっています。そして、一番がんになりやすいのが、がんばりすぎる性格の人だというのです。まさにオークの性格にぴったりなのですが、免疫学の理論からもそれは裏付けられています。つまり、金性でわかることは、ポイントが高ければ交感神経緊張で、ポイントが低い人は副交感神経優位の人ということです。また副交感神経優位の人はアトピーが多くなり、下痢、軟便になりやすいようです。その理由は副交感神経が食べることや排泄を支配している神経だからです。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年4月)

幸せな人は、人を幸せにすることが出来ます。

幸せな人からは「陽の気」が出ているので、人が寄ってきて、物もどんどん売れるようになります。また、自分が幸せな人は、人を幸せにすることが出来るので、感謝されてさらに幸せな気持ちになれるのです。人と人の間に入っていつも人間関係を悪くしてしまう人は、性格の中にネガティブなものを持っていて人を幸せにすることが出来ないのです。

このタイプの人は、自分では良かれと思い一生懸命にやっているつもりなのに、感謝されることが少なくなく、むしろ、いつも人をイライラさせ、なぜか嫌われてしまうことが多かったはずです。その理由は、多くの人が、このタイプの人の中に、自分の理想像ではなくて、そうなったら嫌だなというネガティブなものが透けて見えてしまうからです。様々な知識を持っているのに、それが身につかず、生き方で「陽の気」をいつになっても表現できていないからです。しかし、見方を変えると人生においては、苦手な存在こそ感謝すべき対象なのではないでしょうか。なぜなら、嫌なものこそ鏡として自分のあるべき姿や、理想像を教えてくれる唯一の存在だからなのです。それなしではプラスの状態もなかったのだということを、いつも後で教えてくれるのです。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年3月)

人は系統発生なので、進化の過程の全ての脳を持っていると言われます。つまり、胎児は受胎してすぐに人間の形をしているのではなく、両生類、爬虫類などの形をしていて、胎内で成長して最後に猿のような顔で生まれてきます。

つまり、古い脳の上に新しい脳が載っているわけで、進化の全てがふくまれている人間だけが感情を抑圧するので言語を獲得することができたと考えられます。また同時に人間だけが時間の感覚を持つようになりました。  

このように、もともと自我はその性質上抑圧するので葛藤するし、また過去を忘れないので、どうしても恨みっぽくなります。

動物が根源的に持つ生存のための恐怖の感情や攻撃性は新しい脳によって少しずつ昇華できるようになりました。しかし、進化した結果獲得した脳が抑圧することで出てくる恨みっぽい感情などの高度な感情が、実は毎日のようにTVなどで報道されている様々なテロの問題や民族紛争の問題を生んでいて、現代人の悩みを深める原因のひとつになっています。

ですが、これも進化の方向ならば、いずれ人はこの脳が直面している進化の壁を乗り越えなければならないのでしょうが、その答えは今のところ、人間の感情を理解することにあるのではないでしょうか。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年2月)

マイナス感情ばかりにとらわれていると近視眼的になって、ついついその裏にあるもう一つの意味を見失いがちになってしまいます。私たちの身体や心がマイナス感情によって病んでしまうのは、プラスの状態こそが本来のあるべき魂の姿だからと見ることができます。

しかし、プラスの状態、つまり感謝の気持ち心が幸福に満たされている状態は、目の前に起こる様々なマイナス(に見える)の出来事によって、曇ってきてしまうわけでありますが、実はこのマイナスの出来事なしには、プラスの状態を理解すること、十分に味わうことができません。

 言語学者が発見したように、差異や反対のものがないと、人は何も認識することができないのです。

白い色だけみていると、もはや白い色は存在しなくなってしまうということです。

また、様々な出来事や価値観が有象無象に目に付く、一見混沌にみえるこの世界は、見方を変えるとすべての存在でもあることが許される世界であるのですから、すでにプラスの状態です。

存在できることで、様々な体験ができて、そして様々な感情を味わうことができる、いわばプラスの状態なので、この本質に反する否定的な波動やマイナス感情をもちつづけると、魂が曇り病を得る一つの原因になるのではないでしょうか。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2005年1月)

2004年も、もう終わりです。今年も様々なことがありましたが、近年の我々の健康面の不変のテーマは自律神経に何が良くなくて、何がいいのかを追求することに集約されてきています。それは、2000年以上の伝統を持つ、東洋思想の陰陽の理論と、最新の免疫学の発見が自律神経の交感神経と副交感神経に奇しくも対応しているからです。

つぶさに人のメンタル面と生活習慣を観察してみれば、答えはそれほど複雑ではありません。ハーネマンもまたバッチ博士も自然と人間の観察力と洞察力においては他に類を見ない天才でしたが、我々も気付きを得るためには、やはり少しの観察力が必要です。

その意味で、病は自分にとって何が問題なのか、どの感情が自然に反しているのかを教えてくれるプラスの出来事でもあるのです。しかし、原因を外側に求めている限り、決して自己の変容には繋がっていきませんし、苦しみばかりが目に付くことでしょう。

わずかな洞察と、先の天才たちのたった100分の1程度の観察力があれば、誰でもプラスの方向に変わることができるはずです。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。