2010年


文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。著書に「感情のレッスン」(文芸社)がある。

RESONANCE ~共鳴 (2010年12月)

書店の新刊の棚には、毎年のように多くの自己啓発本が並べられているのを見かけます。
それは、時代は変わっても、多くの人がいつも自分を変えようとしているということの証で、自己啓発本の需要は減ることはないでしょう。

しかし、実際のところどれだけの人が、自分の運命を変えることができたのかを実証する数値は現在のところはないようです。
「人は変わることができるのか?」このテーマが古びないのは、現実にはそれが困難なことを意味しているからです。

では、人が自分を変えられない一番の理由は何かというと、無意識の反応を意識でコントロールすることが難しいからに他なりません。
頭でわかっていても、そう行動することができないので、人に性格の違いがあるとも言えるでしょう。

もし、無意識の反応を少しでもコントロールすることができれば、運命の方向はやがて大きく変わることになります。
なにも100%自分を変える必要はありません。最初に少しだけ方向を変えればいいはずです。
心を少しだけプラスにすることが、やがては大きな違いとなって現われてくることになります。

つまり、人が持つ感情のネガティブなエネルギーをプラスに変えることができれば、人は自分の運命を変えることができるかもしれません。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年11月)

人類の感情の歴史は、数十万年前に始まりました。その最初の感情が怖れであることは、怖れが人のDNAに深く書き込まれていることからも明らかです。

怖れは、生物が生き延びていくために必須の感情でした。しかし自我は、怖れを不安に変えてしまうので、マイナス感情が多い人ほど日々不安に苛まれるようになったのです。それは自我の特徴の一つがが「時間の感覚」にあるからです。マイナス感情の多い人は、いつも過去の出来事を後悔し、または憤り、未来の心配の中で生きてしまいます。つまり幸福感からは遠ざかってしまいます。

幸福感を得るためにはプラス思考が必要不可欠なので、どうしてもこのマイナス感情を克服することが必要になりました。実際のところ、「時間」は現在しかありません。今、この瞬間の繰り返しが存在しているだけです。現在に意識が向いていないと、人は前向きになることができません。

そのための自然な方法をすでにバッチ博士は、70年前に人類に提案していました。
現在レスキューシリーズだけで年間に200万本以上が毎年使われているのは、そこに人々の願いに対する1つの答えがあるからなのです。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年10月)

身体は環境に適応しようとして、気温が上がれば体温を下げ、逆に気温が下がれば体温を上げて常に同じ体温を保とうとします。このもとに戻ろうとする働きをホメオスタシス(恒常性)と云います。

自我は他者との関係で、いい人にもなり、そうでなかったりもします。それは、自我は実は実体がなく、関係性なので、相手によって関係が変わるということになります。

現代哲学では、この関係性を「人間は諸関係の総体」であると云い、原始仏教では「縁起」と呼びました。
つまり人は、いい人になることも、悪人になることも、相手との関係性で引き出され、またはその意志によってできることになります。
同時にそれは、関係性ですから、固定的なものではなく、書き換え可能であるということです。

しかし、人はすぐに変わることができません。そこに身体と同じように恒常性が働いてしまうからです。
つまり、自我は変わることができるが、今までの環境に長いこと適応してきたために、それはゆっくりとしか変化することができないということです。

感情の変化もまた、何度も元のマイナス感情に戻ろうとしながら、ゆっくりとプラスに変わっていきます。
そこに必要なのは、プラスに変わろうとする意志ということになります。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年9月)

人は本心で信じていることを常に体験している。

人が本心で信じていることは次第にリアリティを持ちはじめ、リアリティが生じると物事は現実化しやすくなる。
心の口癖で、こうなったらいやだなあということも、こうなればいいのにということも繰り返し思うことで実現してしまうことが多いのである。

例えば、いい小説かどうかは、物語にリアリティがあるかないかであり、そこに感情移入ができるかどうかによる。
感情にはモノクロの世界を天然色に変える作用があり、臨場感を作り出す力があるからだ。
換言すると、人が持つ自己の物語には必ずその副産物として感情が生まれ、また感情が立ち上がることで、記憶がリアルさを獲得することになる。

自己の観念と感情に無自覚であろうが無かろうが、人は深い思いを実現している。
そうであればむしろ感情を理解し、ポジティブとネガティブの中から、意図的にポジティブを選択することが必要だ。

それは誰でもポジティブな現実を作り出したほうがいいに違いないからだ。
自己の感情と性格を理解することのメリットは、自己ののぞむ現実を意識的に作り出せることにある。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年8月)

肉類や酸化した油を多く摂ると、腸内では悪玉菌、別名腐敗菌が増え、インドールやアンモニア、アミン、硫化水素などの毒素が作られます。
そういった有害物質が慢性の疲労感や頭痛、肌荒れ、アトピーなどの原因となっています。

それを防止するためには、腸内で有用菌、「乳酸桿菌」や「ビフィズス菌」が数の上で常に優勢であることが必要です。
有用菌が多いと、免疫が上がり、風邪や口内炎に罹りにくくなり、胃潰瘍や大腸がんを防ぐばかりでなく、毒素が少なくなるために肝臓の機能が上がることが分かっています。

ではどうすれば有用菌が増えるのでしょうか。ヨーグルトなどの発酵食品を食べることもその一つの方法です。ただ、通常の乳酸菌は胃と小腸で消化されてしまうので、大腸までほとんど到達しないのです。また到達したとしても、実は乳酸菌には人体との相性があり定着しないケースもあります。

そこで、確実に大腸の有用菌を増やすのに有効な方法は、乳酸菌のエサになるオリゴ糖を精製したラフィノースを摂ることです。ラフィノースは甜菜から作られた自然の物質で、胃と小腸で吸収されないためカロリーの心配が少なく、1週間で大腸内のビフィズス菌が約60%まで増加し腐敗菌を駆逐します。

腸がきれいになると、血液がきれいになりますので、すぐに自分でも違いを体感できるでしょう。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年7月)

現代社会において強い不安は、さまざまな精神的な問題の中心にあると言われています。ではなぜ人は不安になるのでしょうか。
そこには自我の仕組みが深く関係しています。自我には「時間の感覚」があって、時間をリニア(にとらえる性質があります。
つまり、過去と現在と未来が、直線状にこの順番で配置されることで、時間を理解しているということです。

過去のことを後悔し、未来のことを心配するのが自我の特徴なのだということもできます。
この自我の性質に無自覚な場合は、どうしても未来に対してマイナスの想像力が働き不安になってきます。
プラス思考の人とは、この時間の性質に気が付いている人のことであり、無自覚な状態だと、自我はマイナスに向かってしまう傾向があるので、いつも意図的に物事のプラス面を見ようとするわけです。

想像力がプラスに働けば、ワクワクの感情になることも知っています。つまりは不安とワクワクは、同じ感情のプラスとマイナスの側面ということです。

実際には時間というものは幻想なので、今、この瞬間しかありません。今ある状態が過去のすべてであり、同時に未来のすべてです。今が幸せで豊かな感覚になれるなら、そして、それを少しでも持続できるなら、未来はすでにそうなっていることでしょう。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年6月)

現実物事のプラス面を見つけるためには、マイナス面を理解することが必要だ。

なぜなら、物事の意味は差異や反対のものによって生じるからだ。つまり、ポジティブ思考とは、マイナス面をひたすら無視するということではなく、マイナス面を理解したうえであえてプラスを選択することだ。

感情の理解にとって人の性格を理解することは一つのキーワードなのだが、その中でも愛情に関係する土性の性質は人間関係の基本になるだろう。
この性格は、満足感からその多くが作られる。人は親からの愛情や、日々の食物などから満足感を得て、自分がとりあえず愛情でいっぱいになって初めて、それを少し人に分けてあげることができる。

もし仮に、今自分がパレスチナやどこかの独裁国家に暮らしていて飢餓状態で苦しんでいる状態であり、または重い病で苦しんでいたとしたら、自分のことで一杯いっぱいで、はたして何人の人が他人に愛情を分けてあげられるだろうか。

日々の小さなことにさえ満足感や達成感を持つことは大事である。心の飢餓状態は、現実の飢餓状態を、逆に満足感は幸福な状態を作り出す力があるからだ。感情のマイナス面とプラス面を知ることで、本当の意味でポシティブが何かを知ることができるだろう。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年5月)

現実をよく観察してみると、意識には現実を創造する力があることがわかる。

人が無意識に日々思うことが、その人の現実を作り出している。無自覚に毎日の繰り返し思うことが現実になっていく。

例えば、あれは嫌だ、これは嫌だと物事をネガティブに考える癖のある人は、知らず知らずのうちに、そういった現実を作り出していることが多いのではないだろうか。

つまり人は誰でも気がつくと自分が思った通りの存在になっているのである。だとすれば、意図的に意識をプラスの方向に向けることによって、より望ましい現実を作り出すことができるはずである。

その時に行動=motion 原動力になるのが感情=emotionである。

視野を広げ、視点を高くとることによって、違った角度から物事を観察することができる。それが自己を変化させる初めの契機である。次に自分が持っていた観念=物語から出てくる感情が変わる。

そして、感情が変われば現実が変わる。いったい自分がどんな観念を持っているのかは、今自分の身の回りに起こっていることを観察すれば理解できる。

一つの物事を、さまざまな視点で見られるようになることが、意識の進化である。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年4月)

陰陽五行は、自然界をありのままに観察し、写し取ろうとする東洋思想であり、そこに何らかの法則性を探る試みである。

しかし人の想像力には常に制限がある。それは例えて言うなら、あたかも象の背中に乗っているアリのように、狭い視点でしか物事を観察することができない。

今、目の前にある出来事の手触りや形と色、臭いなどからしか物事の全体像を判断することができないのである。アリには、自分が象に乗っていることなど想像することもできない、というのと何ら変わりはない状況を人は生きているのである。

さらに、自然の法則は、自然の法則に従って生きているときには見えてこないという逆説がある。つまり、自然の法則は、それに反した時に初めて病として現れてくる。

病というマイナスの状況が、自分の生き方の何かが自然の法則に反していたことを初めて教えてくれるのである。

自然(人間も含めて)を観察することは簡単ではないが、想像力と知恵を駆使することによって、人の全体像に迫ることができるはずである。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年3月)

バッチフラワーのコンセプトの特徴は、ひとことで言うと感情を言葉で分類しているということにある。

しかし、よくその分類を眺めてみると、簡単に言葉に出来ない感情が多い。いわゆる「怖れ」、「怒り」、「悲しみ」、「心配」など誰でもすぐに思いつく言葉に当てはまらない感情が結構あるということである。

それを「言葉に出来ない感情」と呼ぶ。
その場合に多くは、ひとの性格のある側面を記述することになる。

例えば、「人に弱みを見せられない性格」、「自分のことばかり喋る性格」、「引きずりやすい性格」など、すべて後ろに性格とつけることが出来る。
つまりは、感情の秘密は実は性格にあるということでもある。

それは、感情を掘り下げていくと、最後にはひとという存在全体の理解が必要となる場面が多いということでもある。
理解とは、実際は様々な感情を持つ性格の型の理解であり、またなぜそのような性格の型を人は持つようにあったのかという、根源的な問いかけである。

したがって、バッチとアロマの大きな違いは、アロマのように知識の教授も大事だが、実際は過去の経験値と観察力が必要とされるのがバッチフラワーの世界なのだと言えるだろう。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年2月)

心に問題をかかえている人の大きな特徴の一つは、同じことを繰り返し言うことにある。

何度も何度も同じことばかり言い続け、周りの人々をひたすら消耗させる。心が、現在にではなくて、過去のある時点に縛りつけられているようにふるまい続ける。

過去の忘れがたい記憶には必ず、特定の感情がくっついている。記憶がよみがえるたびに、感情はエネルギーを補給し続け、こんどは記憶を強化する。

トラウマは、縛りつけられた記憶の問題だと発見したのはフロイトであった。記憶とは物語のことである。つまり、トラウマとは、物語の意味を書き換えられることを拒否する病なのだ。

例えば、子供のころに親に何かひどい仕打ちを受けたような場合、ひたすら被害者としての記憶に留まることがトラウマである。

しかし、健全な精神は、意味をいくつにも書き換えることが出来る。例えば、親であってもまだ若く未熟で、親というよりただの子供だった、とか自分もそうであったように、一人の女だったとか、少し違った視点を取れるようになることが、意味を書き換えることができると言うことであり、健康な精神であるということである。

過去の出来事そのものを人は変えることは出来ない。しかし、その意味を少しだけ変えることが出来る。キーワードは感情にある。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。



RESONANCE ~共鳴 (2010年1月)

日本の自殺者数は世界一で過去10年間、毎年30,000人を超えています。

この数字のイメージは例えば、地方の3万人ぐらいの小都市の全人口が毎年消えてしまうのと同じことです。これは映画の中の話ではなくて、現実に毎年起こっている出来事です。

日本は、戦後GDPで世界2位にまで上り詰め、貿易収支もずっと黒字でした。日本より貧しい国のほうが世界には圧倒的に多いのに、日本はなぜか生き難い国になってしまったようです。

生き難い社会とは、自分が自分らしくいることが出来ない国なのかもしれません。
自分が自分らしくいられる人とは、自己の本心を抑圧することが少ない人です。アジアなどに行くと、貧しそうな身なりでも、子供の目がキラキラしているのに驚かされることがあります。

豊かであろうと、貧しかろうと自分らしく生きられる人たちは、自殺などしないということなのでしょう。
少しだけ、自己の本当の感情を理解し、本心に向き合うことができれば、人は自分らしく生きられるようになるのではないでしょうか。

そうすると、変化を変化として受け止めることのできる強さが生まれてきます。新しい年もバッチフラワーが人々の心の手助けになることを願っています。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。