RESONANCE ~共鳴 (2004年5月)

◆あすなろ米のご紹介

早取り米「あすなろ米」をご存知ですか?このお米は青いうちに刈り取っていきます。ですから、青い色の粒が多いのです。成熟した米の約半分の大きさです。殻がまだ柔らかいので、普通の白米と同じように炊飯器で炊くことができます。しかも、発芽玄米のような臭みがなく、

驚くべきことに、GABA(ギャバ)は発芽玄米の2倍以上なのです。(白米の20倍以上)

GABAはご存知の方も多いと思いますが、脳内伝達物質で、記憶力を高め、脳内の血行を高める作用もあり、自律神経にいいことでも知られています。また精神を安定させる力がありますので、不安の強い方には最適なのです。この米は、抗酸化力の強いビタミンEやB群が多く、通常の玄米と違い柔らかいので、お年寄りや子供にもOKです。食べはじめて1ヶ月で物忘れが少なくなったり、老人の徘徊がなくなったという報告があります。

今回、完全無農薬米(栽培時)の早田米「あすなろ米」をご紹介いたします。まずご自分で食べてその効果を確かめて下さい。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。