RESONANCE ~共鳴 (2004年12月)

陰陽五行の土性が高い人は、情の強い人です。また、他人に共感し易く、これがマイナスに出ると相手に引っ張られてしまうので、友達がいい人かどうかが大事になります。この手の情はいつも相手を必要とし、受け止めてもらえないと不満になるので、その場合このタイプは食べることと、買い物に走る傾向が強いようです。

レメディで言うと、チェリープラムやレッドチェストナットが合いやすいでしょう。チェリープラムは「不安を解消する食べ方」の人が多く、例えば、お菓子ひと箱一気に食べてしまったり、気が付くとみかん1カゴ食べてしまっている人がそうです。

なぜこういう食べ方をするのかと言うと、食べることや排泄することは自律神経の副交感支配なので、口に物を入れると、副交感神経にスイッチが自動的に入り、不安があっても一時的にリラックスできるからです。

しかし、不安そのものが無くなったわけではないので、しばらくするとまた不安になり、それを解消するために口に物を入れてしまうので、どうしても無秩序な食べ方になってしまいます。

文責:矢吹三千男
早稲田大学卒業。製薬会社に勤務ののち、1993年よりバッチフラワーの輸入を始め、1994年バッチフラワー正規輸入代理店となる。株式会社プルナマインターナショナル代表取締CEO社長。陰陽五行思想家の冨田哲秀氏に師事し、陰陽五行を交えた新しい性格分析法の開発に携わる。感情・魂・肉体についての研究を続け、独自の展開を現在、全国を講演・セミナー活動で行っている。