RESONANCE ~共鳴 (2013年8月)

時々ずぶ濡れになりながら雨の中をジョギングしている人を見かけたりします。真面目な人ほど目的と手段を逆転させてしまうことが多いようです。そうなると健康が目的で始めた運動が、どう見ても不健康に見えてしまうことになります。また、何がなんでも玄米菜食という人も、玄米菜食が目的化してしまうと、これもまたかえって不健康に見えてしまうことになりがちで、結局何が本当の目的なのかがわからなくなってきます。

実は、几帳面な人ほどこの傾向が強く、交感神経緊張タイプが多いので、炎症やガンなどになりやすいと言われています。さらにメンタル面においても、基本的に真面目な人の方が圧倒的に鬱っぽくなりますので、緊張しやすい性格の人は、日頃よりレスキューなどで緊張を取ることを心がけることも必要ですが、考え方自体も硬直しがちなので、無自覚にマイナス思考に陥っていることが多い場合は、緊張を取ると同時に、プラスの言葉を意識的に使うよう心がけるとリラックスの効果がより高まるでしょう。