RESONANCE ~共鳴 (2016年11月)

感情を理解することには大きな効用があります。人は自分が何者なのか実はよくわからないことが多いのですが、それは、思考がいつも未来を先取りして、まだ起こってもいないことをシミュレートしているからです。こうなったらどうしよう、ああしよう、またはこうしようとか、ただ単に嫌だなとか、起こってもいないことを思考は先取りしてしまうのです。まだ起こっていないことは、まだ存在していないわけですから、何ものにもなることはできません。

一方、すべての過去を記録しているのが体です。食べ物を含め、その人がどんな人なのかを体は情報として持っていますので、治療師は過去を癒すことになります。

そして、感情は「今」に私たちを引き戻す力があります。つまり感情を感じている「今」だけが実は本当に存在している瞬間なのです。厳密に言うと、人は今をとらえることはできません。脳は認識が一瞬遅れてやってくるからです。感情を言葉で理解することの意味はそこにあります。感情を認識したときはすでに過去なので、俯瞰した視点で、客観的に自分を捉えることができるのです。感情は実は一瞬なのですが、思考がそれを繰り替えしリピートしてしいます、感情を言語化できる俯瞰した視点のみが、マイナス感情の連鎖を止めることができるのです。